指定演題登録

指定演題登録に関するお知らせ


今般の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に際し、皆様におかれましては各地で奮闘されていることと推察いたします。
今春以降多くの学術集会が延期、変更、中止と苦渋の決断がなされていますが、本学術集会は、予定通り12月4日と5日の開催に向け鋭意準備を進めております。COVID-19の日々の発生状況に関しては、一定の収束方向へはもう1ヶ月、いや2ヶ月と未だに十分な手応えには及びませんが、それでも12月初旬の予定通りの開催は可能であるとも考えています。

従いまして、当初の予定を変更させていただき、指定演題等の登録につきましては、7月20日から7月31日までとさせて頂きます。演題募集・抄録提出期間は短くなりますが、是非ともそれまでに演題・抄録のご準備のほど重ねてお願い申し上げます。

現時点で教育講演、シンポジウム、パネルディスカッションはもちろん、ランチョンセミナー19コマ、スイーツセミナー4コマが確定し、毎回人気の「よくわかるシリーズ」では14ものテーマが決定しております。

特別企画にはSAMさんをお迎えして『誰でもダンス』をご紹介いただきます。また招請講演には、『天地明察』の著者、作家の冲方丁さんによる『天地明察よりひも解く人と歩行の物語』、講談師一龍齋貞友さんによる『フットケア噺』、NHKの番組『逆転人生』で紹介された介護シューズである『あゆみシューズ』を作られた徳武産業の十河孝男さんをお迎えし、それぞれ足にまつわる興味深いお話をご講演いただく予定です。

交流集会、ハンズオンセミナー、他学会との合同シンポジウムも企画が進んでいます。会長、副会長も充実した企画を用意しております。

プログラムの概要は随時ホームページを更新してまいります。定期的にご確認いただけますと幸いです。

皆様のご理解ご協力を心よりお願い申し上げます。

2020年5月1日
第1回日本フットケア・足病医学会学術集会大会長 日髙寿美
事務局長 小林修三